出力機の仕組みと特性

ニードで使用している出力機は樹脂をレーザーによって一層ずつ固めていく積層タイプと呼ばれる物です。特殊なレーザー方式により積層ピッチが細かい他機種より積層の段差が非常に少なく美しい仕上がりが特徴です。出力樹脂はプラスチックよりやや固めでヤスリがけも容易です。

出力時には造形物を保持するためにサポートが必要となります。サポートデータはニードにて作成いたします。お客様にはサポートが付いた状態での納品となります。プラモデルのランナー跡のように除去後の表面処理が必要となりますので、細かい造形面を避けてサポートを取り付けるのが望ましいです。データ入稿時にサポートをつけたい面を下にして並べていただき、可能なかぎりご希望の向きで出力するようにいたします。

サポートはニードにて取り付けます。サポートの除去はお客様にてお願いします。
出力後サポートを除去し、サーフェイサーを吹いただけの状態です。
出力後サポートを除去しただけで、表面を磨いたりしていない状態です。

このまま塗装することも可能です。
/home/wp-content/uploads/video/dws_zoukei.flv

ニードで使用する出力機の兄弟機での早送り造形動画です。
樹脂もニードとは違うタイプを使用しております。

TOP